スポンサーサイト

ロ・ヴー

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted byロ・ヴー

アフタヌーンティー

ロ・ヴー

TWGのティーポット


紅茶ってオシャレだなって思う。
紅茶がお洒落というよりも、楽しみ方がイギリスから広がったと
思うので(アフタヌーンティーのこと)華やかで綺麗。
眺めているだけでワクワクしてきます。

東京の、とあるラウンジでアフタヌーンティーを楽しんだ時の出来事。
ポットにぴったりサイズのティーコージーは、とてもスタイリッシュで
思わず欲しくなりました。
念のためネットで探してみたけど、日本で入手するのは難しいみたいで
しかもお値段が…。(^^;


アフタヌーンティー01


お菓子もカラフルでとっても綺麗で豪華です。


アフタヌーンティー02


本当にたくさんの種類のお菓子があって、何を食べるか悩むのも楽しみの一つ。
名古屋では、なかなかこんなアフタヌーンティーにはお目にかかれません。
ましてや、中国茶の世界では、こんな綺麗な彩りはお目にかかれない
だろうなぁ…。

ヨーロッパで花開いた紅茶の文化は、中国茶とはまた違った魅力があります。

以前、友人のシェフにお菓子を作ってもらって、アフタヌーンティー兼
セミナーを開いたことがあるけど、シェフにお願いして、また頑張って
やってみようかな。

美味しいお茶と美味しいお菓子は何よりの口福。

夏の暑さが緩み始めると、紅茶も飲みたくなる季節の始まりです。


By サ
関連記事
Posted byロ・ヴー

Comments - 2

There are no comments yet.
AzTak  

たまには英国風のお茶も捨てがたいものですね。45年前、学生の時分に英国に数日滞在しましたが、安宿ではあのタワー式のプチスイートやサンドイッチまでは供されませんでした。
肝心のお茶は濃く淹れる感じでしたかね。あまりに昔過ぎて、忘れてしまいました。

PS.少し足腰の状態が良くなく、外出を少なめにしています。

2015/09/18 (Fri) 09:08 | EDIT | REPLY |   
サンタ  
Re: タイトルなし

>AzTakさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

私もずーっと昔に返還前の香港で、アフタヌーンティーをしたいと注文したのですが、一人ではとても食べきれないから、こちらのケーキのアソート(3種類くらいのデザートの盛り合わせ)にした方が良いと強く薦められて、結局チャレンジできなかった悔しい思い出があります。(笑

英国では紅茶はミルクティーにすることが多いので、やはり濃いめに入れるのが基本かもしれませんね。
私も、英国ではミルクティーばかり飲んでいましたよ。(^^

足、ご無理のないようお大事にして下さいね。

2015/09/18 (Fri) 23:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。