春分も過ぎると

ロ・ヴー

最近ちょっと面白いな、と思ったことがあった。
男性の場合、自分の奥さまの事を話す時、「妻が」、「嫁が」、「家内が」と呼び方がいろいろあるのに対して、女性が自分の旦那さまの事を話す時は「主人が」というのがほとんど。

漢字から受けるイメージで言えば、『主人=主たる人』で、家で言えばやっぱり一番偉い人ということになるのでしょうね。
で、『嫁=女が家を出るので、働く妻?』、『家内=家の中に居る妻、つまり専業主婦?』
じゃあ妻は?
「うちの主人が」と言うことはあっても、「うちの主婦が」と言うことは間違ってもないでしょうね。多分。

漢字と言えば、中国茶にとっても、非常に重要な漢字がある。
「明前(みんぜん)」という二文字だ。

春分も過ぎたので、そろそろかなぁと思っていたら、案の定問い合わせが3件ほどありました。
「今年の新茶の入荷はいつ頃の予定ですか。」

「明前のお茶」という表現は、主に中国の緑茶に使い、概ね二十四節気の春分から清明節の前後に作られたお茶を指す。
情報によると、碧螺春(ぴろちゅん)の一番茶はすでにできあがっているとのこと。
ということは、龍井茶やその他のお茶の情報も続々と入ってくる可能性がある。

何年か前のこと、仕入先からの連絡でこういうのがあった。
「梅家塢龍井の明前の一番茶が手に入りますが、買いますか?」
ボスの話を横で聞いていたら、サンプルの到着を待って、試飲をしてからオーダーを入れていては間に合わないと言うことだった。
つまり、兎に角「一番茶」であることが重要なので、茶葉を見たり、試飲をしたりなどは論外だというのだ。
「梅家塢龍井の一番茶は上海セレブも合わせて、みんな欲しいのだ!」そうだ。
しかし価格だって、メチャクチャ高い。
自分が好きで買って飲むには良いが、お客様へのお茶をそんな博打的には買えない。

そんな訳で、ボスが出した結論は、スキップ。
「何が何でも一番茶」である必要はない。
「味と価格のバランスのとれた明前茶を」が信条だ。

そこで、今年の碧螺春。
メチャクチャ高い++。つまり、さらにメチャクチャ高いのだ。

いよいよ新茶シーズンの幕開け。
これからは、新茶情報とサンプルの茶葉が届くたびに真剣勝負。
ついに賽は投げられたのだ。
関連記事
Posted byロ・ヴー

Comments 4

There are no comments yet.
ちょし  
春ですねえ

私もそろそろsayさんに新茶の問い合わせをしようと思っていたところでした。
値段はどんどん上がっているみたいですね~(^^;)
それでもやっぱり春は緑茶を飲みたくなります。明前茶、楽しみにしています♪

そうそう、私はどうもオットのことを「主人」と呼ぶのが恥ずかしくて、ダンナ、とか家人、とかニックネームとかでごまかすことが多いです。。。

2008/03/24 (Mon) 10:05 | EDIT | REPLY |   
say  
オットというのもなかなか

カタカナで「オット」と言うのもよいですね。そう言えば、九州の知人が「オット」とよく表現しています。
私の友人も、「うちのダンナ」派だったのですが、少しお姉さま方とか、逆に世代下の皆さまが「主人が」と言う人が多いです。
「主人が」と言うのを聞いて、最初は、こちらの方が気恥ずかしかったのですが、最近慣れました。
ちょしさんも、私と同世代。
我々世代の人は、シャイな女性が多いのかしら?なんて。

新茶は、どうなんでしょうねぇ。
明前のお茶を清明節の前に飲むと言うのは、とても贅沢な楽しみではありますが、価格面から見て、今年は難しそうです。
入荷予定が決まったらお知らせしますね!

2008/03/24 (Mon) 21:46 | EDIT | REPLY |   
annta-kunn  

緑茶がいよいよ到来なんですね。
我が家では、小学生の息子が中国茶を気に入り、
コツコツお小遣いを貯めて数種類のお茶を買いました。
買ったお茶は大切に戸棚にしまわれていて、「ママたちの結婚記念日だから」などと言って特別な日に箱から出され飲むことができます。
成績が上がったり良いことがあった日も、「今日は中国茶を飲もうか」とニコニコ顔です。
今日は終業式・・・。
さて、お茶を飲むことができるのか・・・。


2008/03/24 (Mon) 22:25 | EDIT | REPLY |   
say  
優しいお子さまでなによりですね

ママたちの結婚記念日にも「特別なお茶」でおもてなしを
してくれるなんて、とても優しいお子さまなのですね。
オットなし、子どもなしの私には、羨ましい限りです。

そんな息子さんは、楽しい春休みを迎えることができそう
でしょうか?
唯一の宿題のないお休みですから、学校では学べない
大切なことをおおいに満喫して頂きたいものです。

2008/03/25 (Tue) 22:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply