45分の思い出

ロ・ヴー

お茶会が無事終わり、ほっと一息‥。
などとするヒマもなく、10月19日の火曜日に、ジイヤ様が
名古屋市内の某小学校の6年生の「総合学習」の授業で、
センセイをしてきました♪

お茶会前にお話を頂いていて、小学6年生の皆さんに、どんな
ことを伝えることができるのか、実はお茶会と同じくらい
ものすご~く楽しみにしていたのですよ、私。
お店があるので、同行できなかったがとても残念。

なのにジイヤ様は「小学生相手にどうやって話せばいいのか
わからん!」と今ひとつ気分が乗らない様子。
小学校の授業は1コマ45分。
通常の大人の講座の半分の時間しかない。

たった45分で、どんなことができるのだろう。
お茶会準備と平行して「何やります~っ?」て、悩んでるんだか
楽しんでいるんだか。(笑)

当初、先生のご希望は「児童のみんなが実習ができるといいな」
ということだったのだけど「先生、45分で30人全員は時間的に
ムリですよ」とあきらめていただきました。(^^;
全員平等になるよう、お茶はデモンストレーションを見てもらう
だけにしたらどうかと提案したのだけど、先生の「数人だけでも
体験させてあげたい!」という熱意にほだされ「数人だけでも
よろしければ、なんとかしましょう」ということに。

その後、先生から「ホワイトボードに中国の地図を貼って生徒にも
プリントを配りたいと思いますがいかがでしょうか」というメールが。
添付ファイルを見ると、中国の省名入りの地図に、先生の手書きで
「せっこうしょう」とか「こうそしょう」などと、全部にふりがな
がふってありました。

先生がロ・ヴーに打ち合わせにいらっしゃる時は、いつも学校が
終わってからかお休みの日。
先生、いい人すぎますよ~。(T-T)

手書きのふりがなを眺めつつ、ジイヤ様と相談して、時間も予算も
足りないけど、やっぱり頑張って生徒全員にお茶を飲んでもらい
ましょう!ということに。


そして、今日(23日)、授業の時の写真のデータと生徒さんが書いて
くれた感想文を、先生が届けて下さいました。

小学校:総合学修01

小学校の家庭科室。
先生の地図もちゃんとありました。


小学校:総合学修02

お茶を入れるお手前の時は、みんな真剣そのもの。


小学校:総合学修03

中国茶のイラスト入りの感想文集。
ちゃんと製本までしてありました。
先生、皆さん、ありがとう♪


感想文を読んで、子どもへの教育は、ビジネスやボランティアでは
ない、これは未来への投資なんだ、と思えるようになりました。
そしてこれをきっかけに、化学でも、農学でも、歴史学でも、
食文化やどんなことでも、彼らが「もっと知りたい」という欲求
を持ってくれればそれだけでいいかな、なんて。

感想文の中には「しょう来の夢は、お茶やさんになりたいと今日
思いました。」と書いてくれた子もいて、ロ・ヴーの跡継ぎが
できてよかったねぇ~。(笑)

他にも子どもならではの質問などもあり、お返事書かないとね、
とジイヤ様は感涙。

彼らが今よりも少し大人になった時、小学校で中国茶飲んだなぁ
と、1度でいいから思い出してもらえますように!

関連記事
Posted byロ・ヴー

Comments 2

There are no comments yet.
okayan.  

>>子どもへの教育は、ビジネスやボランティアでは
ない、これは未来への投資なんだ・・・

正にそのとおりだと思います。
そして次世代への投資は、さらに次の世代に受け継がれてゆくもの。。

人のこころや、、地球の未来や、あらゆるものを大切にするこころを持ってもらえると嬉しいですね。

2010/10/24 (Sun) 07:39 | EDIT | REPLY |   
say  
Re: タイトルなし

>okayan.さん

> 人のこころや、、地球の未来や、あらゆるものを大切にするこころを持ってもらえると嬉しいですね。

本当にそうですね。
「あらゆるものを大切にするこころ」を携えて人生を歩んでいければ
乗り越えなければならない苦難もきっと乗り越えていけるはず。

純粋で優しいこどもたちが、強く優しい大人になってくれることが
一番の願いです。


2010/10/24 (Sun) 21:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply