SCENERY

唐衣(からころも)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

唐衣(からころも)

-
<Photo by Makoto. K>むかし、男ありけり。から衣 きつつなれにし つましあれば     はるばるきぬる たびをしぞ思ふ三河国八橋の辺りで杜若が美しく咲き誇るのを見て「カキツバタ」の五文字を句の頭に置いて旅の心を詠んだ。都に残してきた妻を思い、しみじみと詠まれたその句を聞いて人々はみな涙した、という、伊勢物語『東下り』の一節。今回のさつき茶会に選んだお菓子は、この「唐衣」と名付けられた和菓子。カキツ...