SCENERY

ブルーベリー
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ブルーベリー

0
去年は鉢が小さくて根詰まりをおこしていたのか、ほんのちょっぴりしか実らなかったブルーベリー。今年は植え替えをしてあげたら、豊作♪たった1本しかないのだけど、ブルーベリーは自家受粉ができるみたいなので、1本でも結実してくれるのです。水やりをしながら、実が色づいてくるのを眺めるのが毎朝の楽しみ!火曜日に実をチェックして、金曜日には収穫できそうなものが幾つかあることを確認。今日は朝からルンルン♪さて、ブル...
黒烏龍茶の謎
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

黒烏龍茶の謎

0
少し前、ジイヤ先生が台湾から面白いお茶を取り寄せていました。その名も『黒烏龍茶』。(笑)いやいや、ちょっと待って「黒烏龍茶ってサントリーさんの登録商標ですよね?」と私。「うん、だから面白いから、どんなお茶かと思って」とジイヤ先生。この黒烏龍茶、お客様や業務販売の取引先さんからも時々お問い合わせを頂きます。そこで毎回「黒烏龍茶はサントリーさんのトクホの登録商標なので、普通のお茶っ葉の黒烏龍茶はありま...
A Piece
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

A Piece

0
6月5日の夕日何の偶然か、4月から6月までのたった3ヶ月足らずの間に、何人かの方から「大切な人(者)をなくしてしまった」という悲しい知らせを聞きしました。それは、ずっと一緒に過ごしてきた家族(ペットも含めて)だったり、かけがえのない友人だったりしたのだけれど、残念なことに私は、悲しみの深さや重さを量るための道具を持っていないので、その言葉の一つ一つから、その人の思いの深さを推し量るしか術がない。大切...
茶筅
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

茶筅

0
岐阜の講座からお店に戻ってきて、ポストをのぞいたら、届いていた1通の白い封筒。中にはとても素敵な贈り物が入っていました。中身はこれ。...
ご櫓ご櫓
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ご櫓ご櫓

0
誤字脱字、変換ミスの多い私ですが、これは間違いではありません。(笑)『ご櫓ご櫓』で文字通り『ごろごろ』と読みます。尾張旭にある、お料理の美味しい居酒屋さん。料理だけでなく、それに合わせる飲み物も、ちゃんと美味しいものをお客様に提供したいということで、ソフトドリンクのお茶にロ・ヴーの中国茶を使っていただいています。飲食店さんでロ・ヴーのお茶を扱ってくださるお店さんは、お料理も美味しいお店さんが多く、...
あじさいてまり
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

あじさいてまり

5
 あじさいてまり   あじさい あじさい 花てまり   風が 一つ 二つ つきました   そっーと そっーと つきました とんとん とん                   <中田喜直 作詞>保育園に通っていた時、隣の教室で年長さんが習っていたと思われる曲。なぜそう思うかって言うと、先生のオルガンに合わせて歌った記憶がないから。多分、年中さんは「でんでん虫」あたりを歌っていたのだと思う。この頃、恐...
言葉を伝える
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

言葉を伝える

0
毎年、新茶の季節になると、メニューに書き添えている説明文を読み直してあまりにもそのお茶の印象とかけ離れてしまう場合は修正を加える。お茶は農作物だけに、その年によって微妙に香りや味わいが異なるのがやっかいだ。ワインとお茶は、テロワールやミクロクリマ、ビオディナミなどが重要だというところがとても似ていると、ワイン関係の方に言われることが多い。ソムリエの方にお聞きした話によると、ワインを表現するには定型...
HANABI (花火)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

HANABI (花火)

4
もしかして世間の人はあまり知らないかもしれないけれど、名古屋にある熱田神宮は実は結構な由緒ある場所。三種の神器の一つ「天叢雲剣(草薙剣)」をご神体として奉斎しているのです。後の二つは、皇居と伊勢神宮の二カ所。つまり、この二つの場所と相並ぶところなのです。(八咫鏡・八尺瓊勾玉を含む詳細はwiki先生にお聞き下さい)毎年6月5日は、熱田神宮の例祭。この日の花火を見ると、夏の訪れを肌で感じます。今回初めてミラ...