SCENERY

紙とペン
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

紙とペン

2
年齢のせいなのかはさておいて、ここ数年、手書きのお礼状やご挨拶状を頂くことが多くなりました。もちろんメインはジイヤ先生宛なのだけど。^^Emailは手軽だし、とにかく急いで連絡を取りたい時はとっても便利。相手からのレスポンスも早いしね。でも私自身がアナログな人間のせいか、手書きの手紙には心がときめきます。Emailのない時代、机の上に手紙の類が置いてあると、ドキドキワクワクしながら開封したものです。来る予定の...
天まで届け
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

天まで届け

0
2月に入ってから何となく周りがワサワサしてきて、少々落ち着かない日々が続いているのだけど、そんな中にも小さな嬉しいことがありました。バレンタインに美味しいチョコレートや色々な物を頂いたり、ちょっとした偶然の出逢いがあったり、「どうせ行けなかったでしょ」と言って、トーハクで開催されていた「北京故宮博物院展200選」の図録を下さった方があったり(これはジイヤ先生になんだけど)…。他にも小さな嬉しかったこと...
岩茶:不見天
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

岩茶:不見天

0
昨日は二十四節気の雨水でした。降る雪も雨に変わる頃だそうですが、今年は春の冷え込みが厳しく真冬のコートがなかなか脱げません。それにしても、二十四節気で季節を数えるとほぼ2週間で一つ、季節をめぐることになります。季節の名残を惜しむ暇もなく、もうあと2週間もすれば啓蟄。お茶を飲んで、ホッと思っている間に、時間はまるでロケットのようにビューンと過ぎ去ってしまいます。早すぎる~。(笑)青い空が恋しいこの季...
衝動
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

衝動

2
いつもの列車を待っている間に通過する貨物列車。色々な企業のコンテナが載っていて、見ているだけでも結構楽しい。コンテナを乗せる部分は、ぴったりホームの高さとフラットな関係にあって思わず、ジャンプをしてこの上に飛び乗れないかな?という気持ちになる。そうそう、ハリウッド映画のようにね。このまま列車に飛び乗って、どこか知らない所まで行ければいいのに、と思ってしまうのは私だけ!?ホームをキョロキョロ見渡して...
大人の…。
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

大人の…。

0
今から10年ほど前の2002年12月に創刊された『大人の名古屋(阪急コミュニケーションズ発行)』にロ・ヴーが掲載された時の写真。当時は阪急電鉄の「コミュニケーション事業部(大阪)」の発行で、担当の方に「何故大阪の会社が名古屋を?」とお話を伺ったところ、すでに『大人の京都』『大人の神戸』などを刊行しているので、次はぜひ名古屋を取り上げたいということでした。大人のための地域情報誌といった位置付けでしょうか。ロ...
マクロビなお菓子
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

マクロビなお菓子

0
ロ・ヴーで「中国薬膳茶」講座が開講されるようになってから、講座に合わせて「ヘルシー」をテーマに作られるようになったお菓子。「一物全体(いちぶつぜんたい)」。マクロ=大きい・長い、ビオ=生命、テック=術・学、という3つの言葉の連なりと言われるマクロビオテック。何年か前、私の中で「マクロビオテック」という言葉が旬だった頃教室に通ってみたいなぁ…と色々と調べたことがありました。当時は、東京まで通うか、小...
冬の花
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

冬の花

0
学名、Chimonanthus praecox form. concolor。「Chimonanthus」は、ギリシャ語の「cheimon(冬)」+「anthos(花)」が語源で、それは「冬の花」を意味しているらしい。(praecox:早咲きの  concolor:同色の)ジイヤさまのお家の庭からロ・ヴーにやって来た素心蝋梅。蝋梅もまた中国から日本に伝わったものなので、別名「唐梅(カラウメ)」、「南京梅(ナンキンウメ)」などとも言われます。まだまだ寒い時期に蝋のような艶...
名残り
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

名残り

0
なごり雪ならぬ、昨年秋のお茶会の名残り。お茶会で使った、クロモジから瑞々しい若芽が芽吹いています。クロモジは和菓子を頂く時の楊枝などに使われる、あの黒文字です。枝をカットするととても清々しい香りがして、思わず心が洗われるみたい。そして、寒桜。もう立春というのに雪まで降った今年の冷たい冬に、ひとひらの春を届けてくれるみたいです。...