SCENERY

林間に紅葉を焚き‥
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

林間に紅葉を焚き‥

0
私の白洲次郎好きは、一部のお客様の中では結構有名な話なのだけどある時「白洲正子(の書いた物を)読んだことあります?結構良いですよ。『西行』はきっと気に入ると思いますよ。」と教えて頂いた。西行(という人物)を気に入るということなのか、それとも白洲正子(の書いた物)を気に入ると思ったのか、それとも両方なのか、定かではなかったけど、私はそのどちらも気に入った。『西行』に始まり、『明恵上人』、その他にも時...
和の住まいとしつらい
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

和の住まいとしつらい

0
来る10月15日(土)、『和の住まいとしつらい(名古屋工業大学 一般公開シンポジウム)』にて、私の敬愛する小川流煎茶家元・小川後楽先生の基調講演『煎茶の空間としつらい』が開催されます。先生は、門下生の皆さまからは「お家元」と呼ばれており、ちょっと近寄りがたい存在なのですが、門下生でない私はとりあえず「先生」ともう少し気軽に呼ばせていただいています。門下生であるなしに関わらず誰にでも気軽に接して下さって...
観月茶会
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

観月茶会

0
台風の影響で大雨になる少し前、白鳥庭園の『秋露祭』に出かけてきました。月を愛でながら野点のお茶を楽しむという「観月茶会」のお菓子は、ウサギ。そう言えば、こういうお菓子を頂く時、お尻から食べる人はエッチな人、頭から食べる人は残酷な人、というのを聞いたことがあります。(笑)立礼席の所に設けられた舞台では『竹取物語』が上演されていましたが閉園時間ギリギリに入園したので、ほとんど終わりに近かった。残念!立...
やめないで‥
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

やめないで‥

0
「やめないで下さいね」。先日、初めて来店されて『8年緑印小沱茶』を購入されたお客様がおっしゃった言葉。「このお茶扱うの、やめないで下さいね。絶対また買いに来ますから」。一瞬ドキリとしたものの、ああ、お茶の事かと納得。初めてお会いした方に「やめないで下さいね」と優しく言われたのはこれが2回目。1回目は随分昔、私がまだ20代の頃、沖縄の那覇空港で名古屋に向かう日本航空(JAL)の機内でのこと。それはまだ世...
アーブルドゥ バッカス
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

アーブルドゥ バッカス

0
夜の外食は「イクゾ!」とかなり気合を入れて出かけなければならない私ですが、一仕事終わってから少し遅めのランチタイムはのんびりと。中区新栄の『アーブルドゥ バッカス』さんは、一本裏通りにあるためこんな所にビストロが?というような佇まい。前菜6種類、メイン5種類の中から好きな物をそれぞれ一つずつチョイスできるプリフィックス・スタイルのランチメニューで、好みに応じてスープを追加することも可能です。この日...
国宝薬師寺展と日中友好庭園
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

国宝薬師寺展と日中友好庭園

0
お盆休みの振り替え授業でNHK岐阜カルチャーに出かけた日、せっかくだからと岐阜市歴史博物館で開催中の『国宝 薬師寺展(7月29日~10月2日)』に行ってきました。ちょうど『西国巡礼 白洲正子著』を読んでいたので、少し興味があったということと、今年のロ・ヴーの秋の茶会テーマ『萬花千葉』に通じる時代が同じということもあり、何か感じることができれば、と。薬師寺は、天武天皇が、後の持統天皇となる妻の鵜野讃良皇后の病...
香港国際空港にて
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

香港国際空港にて

0
「あ~、ちょっとそこのあなた!ちょっと、ちょっと!」名古屋から香港の空港に到着して、ロビーをトコトコと歩いていたらいきなり呼び止められた。最初は自分のこととは気が付かなくて、そのままテクテク歩き続けたら係りのおじさんが「ちょっと待って!」と私の事を通せんぼ。「へっ、私!?」ナンナノヨ、イッタイ?...