SCENERY

コチェリーノ
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

コチェリーノ

0
とある日の水曜日。いつもの事と言ってしまえばそれまでなのですが(苦笑)朝からお店で打ち合わせのお仕事。午後から少し時間の余裕があったので、たまには外でゆっくりランチでもと、途中合流したジイヤ様と連れだって脱出♪お昼間の外の空気、本当に気持ちいいですねぇ‥。以前から行きたかったお店があいにく満席だったため、「困ったなぁ」と思いつつ、ランチのできるお店を求めてブラブラとお散歩ランチ。歩いている途中、外観...
パイナップル・パイ
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

パイナップル・パイ

0
先回の講座のお菓子に引き続き、今回のお菓子も『胡同』のシェフによるプロ仕様の『パイナップル・パイ』。何故こんな風にキレイに袋詰めして山積みになっているかというと出来上がりの数が、人数分ピッタリしかなかったから。...
春よ来い!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

春よ来い!

2
まだまだ手袋にマフラー、そしてコートが手放せない日々ではあるけれど、花屋の店先に春の花を見つけると、つい買いたくなってしまう。チューリップやライラックの花にも心惹かれたけれど、まだまだ春本番までお預け。凍えるような寒い日が続く季節には、思わせぶりな感じの春がいい。特別な思い入れがあるわけではないけれど、蝋梅の次に選んでしまうのが、ネコヤナギ。...
AQUA-水の力
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

AQUA-水の力

0
新年明けのある日、常連のお客様に『ロ・ヴーからのお年玉』とお正月休みの間に焼いたクッキーを少し差し上げたら(甥が作ったのではなく、ちゃんと私が作りました)御礼にと『某神社の水』をいただいた。この水、知る人ぞ知る水で、近所の人たちは美味しいと言ってわざわざ汲みに来るらしい。お抹茶の先生が、ここの水で薄茶を点てると、とても美味しくなると言っていたという話も聞いたことがある。何だか取り上げちゃったみたい...
沙瑪(サーチーマー)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

沙瑪(サーチーマー)

0
講座で皆さんに食べていただいているお菓子をご紹介しようと去年からずっと思っていたのに、なかなか実行できないまま。今年こそは!と固く心に誓ったのに気が付けば次の講座がやってくる。。。全部無理でも、お菓子を作ってくれているシェフやパティシエールの皆さまへの感謝の意味もこめて、今年は画像だけでもできる限りご紹介できれば…。さて、今回の講座のお菓子は主催者さんの希望もあって、中華風のお菓子です。三重県いな...
雪の降る日に
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

雪の降る日に

0
この週末、名古屋では久しぶりに大盤振舞の雪が降った。午前中、講座があったのだけど、岐阜県の大垣やら春日井市から参加してくれる受講生さんもいたので、ちょっと心配になって大垣の子に電話を入れてみたところ…。「え~、全然大丈夫ですよー。」という明るいお返事。JR利用チームは路線が長い分、運休や大幅な遅れが生じることが多いため、到着できるか心配したのだけど全然問題なかったみたい。ただ「覚王山に着いたら雪が降...
ニュージーランドの烏龍茶
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ニュージーランドの烏龍茶

0
今年が始まって、あっという間に2週間。1月と2月はどうしても営業日数が少なくなってしまうので月替わりのお茶も、この2ヶ月は同じお茶にしたいと思います。今年最初の月替わりのお茶はちょっと変わり種で、『ニュージーランドの烏龍茶』。3種類の異なる焙煎の物をご用意しました。...
香ににほひける
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

香ににほひける

0
昨年末、お正月用にと出かけて偶然出会った、蝋梅とそしてレッドウィロー。調べてみたら、蝋梅は「バラ科」ではなく「ロウバイ科ロウバイ属」に属するらしい。唐の国から渡ってきたため唐梅とも言うそうな。そしてレッドウィローは、文字通り、赤(red)柳(willow)というイラン産らしい柳の枝。表面だけが赤くコーティングがしてあるのかと思いきや、もともとの地が赤いのだった。耐寒性があり、華奢な姿にも関わらずしなやかな...