SCENERY

晩秋
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

晩秋

0
ボヤボヤしているうちに秋が終わっちゃう!と思い立ち、23日、お店のオープン準備を急いで終わらせロ・ヴーから徒歩2分ほどの所にある『揚輝荘』までお散歩に行ってきました。ボランティアスタッフの方に「明日は伴華楼(バンガロウ)の中も見学できますよ」と教えて頂き、本来は名古屋市に予約をしなければいけないのだけど、飛び入りでもOKと誘惑され24日、再び揚輝荘へ。...
香港キッチン ファンチーズ
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

香港キッチン ファンチーズ

0
岐阜の講座の帰り道、ロ・ヴーのお茶を扱っていただいているお店『香港キッチン ファンチーズ』さんへ行ってきました。毎月第三水曜日は、岐阜市のNHKカルチャーに来ているので岐阜市内をいろいろ探索してみたいと思っているのですが、なかなか‥。今回は、ようやく念願叶ってのファンチ-ズさん訪問です。まず前菜でいただいたのは、お醤油ベースで中華風に味付けをしたまぐろのカルパッチョ。サラダとして。まさか中国料理のお...
美味しい言葉
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

美味しい言葉

0
NHK岐阜カルチャー(旧文化センター)と朝日カルチャーセンター名古屋教室の中国茶講座は、正直、かなりのご長寿講座です。NHKさんは約9年、朝日さんは約7年。どちらも、多少の人員の入れ替わりなどがあるものの、皆さま長年のご支援ありがとうございます、と思わず頭が下がります。こんなに長く続けて来られたのは、ジイヤ様の話が楽しいのはもちろんだけど、実は隠されたもう一つの大きな理由があるのです。それは‥。...
ドレスコード
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ドレスコード

0
ドタバタと過ごし、ピークを迎えた先週末。その理由のひとつが、とあるグループのセミナー。最初にジイヤ様がお話をいただいた時は「いつものような感じのセミナー」というご依頼だったはず、ですが‥。(-_-;直接お会いして、お話を伺っているうちに、あれれ?(いちおう打ち合わせ担当)今回はセミナーに合わせて中国茶のしつらいもお願いしたいというご要望を頂き、これはちょっと困ったゾ、と。(苦笑)頂いたリクエストは 1...
11月と12月のお茶
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

11月と12月のお茶

0
先月末のドタバタ騒動から(関係各位はご存じの件)、何となくイヤな予感はしていたのだけど‥。やはり予感的中!(^^;お茶会も無事終わり、ヤレヤレ、と思う暇もなく、あ、あ~っと思っている間に、怒濤のような1週間を過ごしてしまいました。(T_T)ドタバタ劇場の内容は、次回に紹介させて頂くとして、とりあえずは11月(と12月)のお茶を。お茶会の「茜」の部屋で使った福建省の紅茶、坦洋工夫。画像はお茶会の時の okaya...
はちみつ醤油バター
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

はちみつ醤油バター

0
よほど食い意地がはっていると思われているのかそれとも、変わりもの好き、と思われているのかということは置いておいて。時々、変わったものをいただくことがあるのですが、今回もちょっと不思議な面白いものをいただきました。山川醸造(株)さんの『はちみつ醤油バター』。たまりやさんのサイトをみたら「鎌倉時代に中国から日本へ徑山寺みそが伝わり、その醸造過程において~」とありました。そう言えば、そんな話をどこかで聞...
お茶本:茶都に学ぶ
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

お茶本:茶都に学ぶ

0
お茶友から新刊本の情報が来たので、早速読ませてもらった。『茶都に学ぶ 私の杭州中国茶留学 著:宍戸佳織』お茶関連本と言えば、普段はどちらかというと少し固めな内容の物を読むことが多いのだけど、サブタイトルの『私の杭州中国茶留学』というフレーズに惹かれて久しぶりの新刊本♪内容は、杭州の茶館の紹介や茶藝について、そして宍戸さんの「今は亡き第一期高級茶藝師袁勤迹先生に捧ぐ」という言葉通り、師事された袁勤迹...
懐かしい思い出
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

懐かしい思い出

0
数年前のこと、伊賀からいらしたお客様があった。のんびりお茶を飲まれた後、友人に茶器の贈り物をしたいということであれやこれやと悩みながらの選択。ようやく決まり「ではこれをプレゼント用に包んで‥。」となり茶器についていた値札を外しているうちにそれは起こった。お客様が遠慮がちに「あの~、実は電車の時間が‥。明日、友人の結婚式で、これから東京に行かなくてはいけないんです‥」「電車の時間って何時です?」と私。...