SCENERY

青天の霹靂
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

青天の霹靂

0
あまりにも青い空を見ると、思わず思い出す言葉がある。『a bolt from the blue』そう、『青天の霹靂』。昨年末から今年の年初にかけて、たまたま立て続けに別々の人から聞いた言葉。...
お茶関連本
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

お茶関連本

2
この1年を振り返ってみると、およそ「お茶本」と呼ばれる類の本を殆ど読んでいないことに気が付いた。まずい。(^^;)今年は、お茶会やベトナム視察・研修などの準備や勉強のためドタバタと過ごしてしまったという経緯もあるものの、読んだ本と言えば、旅行関係の紀行文系のものや食べ物系、後は自分の趣味系の本。一番最近読んだお茶関係の本は、なんと昨年の「ロマンス・オブ・ティー」。もともと読書量はそんなに多い方では...
地味?シック?
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

地味?シック?

0
今年もクリスマスの季節がやって来ました。街は1ヶ月も前からキラキラとイルミネーションが煌めき、クリスマスはとても華やかなイメージ。ベトナムから帰国してから、頭の中が南国モードだったせい?というわけではないのですが、ロ・ヴーもようやくクリスマスの装いに変身しました。以前ある人に言われたのですが「sayさんの花は見かけによらず地味なんですよねぇ‥。ものすごく以外です。」(としみじみ)自らの手で仕上げるもの...
カーブチー
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

カーブチー

0
ある日、沖縄から荷物が届きました。送り状には『シークワーサー:小』そして『カーブチー:大』の文字。どうも中身は『シークワーサー』と『カーブチー』なるものらしい。カーブチーって何?中身を見てみると、シークワーサーを大きくしたような緑色の蜜柑のような柑橘系果物。御礼の電話をしながら「これはどうやって食べれば良いの?」と訪ねたら「鍋に使ってもらっても良いし、サシミで食べても良いです」とのこと。ボスにその...
プライスレス
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

プライスレス

0
少し前のクレジットカードのテレビコマーシャルに大人になった自分が小学生の息子を連れて、郷里に住む両親を訪ねるというストーリーがあった。途中の道すがら、父へ、母への土産を購入していく。そして家に到着し、孫が笑顔で挨拶をすると同時に流れる言葉。 「とびきりの笑顔、プライスレス。        お金で買えない価値がある。  お金で買えるものは ○○カードで」  というものだ。...
ホーチミン(2)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ホーチミン(2)

0
今日は出発までフリータイム。過ごし方の基本は、次の3つに大別されました。1)お買い物ハンターチーム:雑貨などお買い物三昧2)野性回帰チーム:メコン川クルーズで自然を満喫3)食いしん坊さんチーム:ホテル・マジェスティックの料理教室メコン川クルーズも捨て難かったけど、今回は、3)のホテル・マジェスティックの料理教室に参加してきました。だってね、なかなか一人ではこういう体験ってできないと思うのですよ。ホ...
12月は英徳紅茶
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

12月は英徳紅茶

0
今年も残りわずかとなりました。忙しいのはもちろんだけど、何となく気持ちも落ち着かず心までも慌ただしい毎日。そんな12月に選んだのは、ボス秘蔵、とっておきの『英徳紅茶』。中国広東省英徳市の紅茶です。前に飲んだ時はそれほど強く感じられなかったのに、約1年の月日をかけてじっくりと寝かせたら、花を思わせるような華やかな香りと舌の上に広がる甘味を感じたのは、発酵?酸化?それとも熟成されたせい?...
ホーチミン(1)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ホーチミン(1)

2
前回は、市内を観光する時間がほとんどなかったので実は密かに楽しみにしていた市内観光。まずは『聖母マリア教会』。建物の外観はロマネスク様式で、アジアとは思えないヨーロッパ的な建物。内部はゴシック様式になっていて、美しいステンドグラスがフランスの香りを漂わせています。これは『中央郵便局』。ほとんど観光客のためにあるような観光スポット的郵便局。建物内部の中央にはホーチミン氏の肖像画あり。ここベトナムでは...