SCENERY

衣替え
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

衣替え

0
急に涼しくなってきました。夏が終わったら衣替えをしないと、と思っていた矢先だけにこうもいきなり涼しくなってしまうと少しあせってしまいます。衣替えといっても、服のことではないですよ。...
天高く‥
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

天高く‥

0
「天高く馬肥ゆる秋」には、まだ少々早いような気が致しますが、なぜかここ最近食べ物ネタが多いような気がしてちょとばかり心配。にも関わらず、今回もやっぱり食べ物ネタです(笑)。...
答族侄僧中孚贈玉泉仙人掌茶詩並序
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

答族侄僧中孚贈玉泉仙人掌茶詩並序

0
十五夜が過ぎ、本当に月の出る時間が遅くなった。ほんの10日ほど前は南に見えていた月が、今夜はまだ東の空にある。中秋の名月を愛でながら飲もうと思っていたのに、飲みそびれてしまったお茶。仙人掌茶を飲んだ。唐代の詩人で詩仙ともよばれる李白は、その奔放な生き方と酒と月をこよなく愛したことで知られている。舟に乗って酒に酔い、水にうつる月をとろうとして川に落ちて溺れ死んだという伝説は、いかにも李白らしい。...
ビター or スウィート?
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ビター or スウィート?

0
つい先だって、ボスの元教え子(専門学校)が、大阪に住む商品開発担当兼シェフからの試作品なるものを届けてくれました。彼は彼女の親戚で、以前二人でボスに会いに来てくれたのであります。その時すっかりボスと意気投合したシェフ君が、「ぜひ感想を」ということで彼女に託した試作品というのが『ミルクジャム』。「辛口コメントでお願いします」って、言われても…。...
幸せのお菓子
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

幸せのお菓子

0
例え日帰りであっても、旅のクライマックスと言えば美味しいものを食べてお土産買って…、がお約束。今回は特に時間があまりないため、絶対に外したくない所だけに絞ってピンポイントで直行。まずは、平安神宮を横目に見ながら、その脇にある六盛茶庭へ。(本当は久しぶりに平安神宮もゆっくり見たかった…)ずっと以前、オードリー・ヘプバーン主演の映画『SABRINA(邦題:麗しのサブリナ』を見て以来、どうしてもスフレが食べてみ...
南禅院、そして
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

南禅院、そして

0
南禅寺と言えば、因縁のお豆腐事件のあったところ。詳しくはこちらの記事でご確認をhttp://lovu08scenery.blog98.fc2.com/blog-entry-13.html時間がたっぷりとあれば、南禅寺へも立ち寄りたかったものの、今回は南禅寺は眺めるだけで、金地院を見学した後は琵琶湖疎水を通り南禅院へ。...
月餅いろいろ
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

月餅いろいろ

0
十七夜のことを『立待ち月』、十八夜のことを『居待月』と言う。中秋の名月を過ぎると、夜、月がその姿を見せる時刻が遅くなるため、月が出るのを待ちこがれたからだそうだ。『立待ち月』は立って待つ月、『居待月』は、月の出るのが遅いので座って待つ月という意味だそうだ。十五夜も過ぎ、十七夜目にしてようやく食べることのできた月餅。さしずめ『立待ち餅』といったところか。...
十五夜
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

十五夜

0
昨年の中秋の名月は平日だったこともあり、閉店間際にいらしたお客様とボスと一緒に店の外に出て、結構のんびりと月を鑑賞した思い出がある。今年の中秋の名月は、世間でいうところの「三連休」のまっただ中。ドタバタと一日を過ごし、いつもより遅い時間に帰宅をすると、甥と姪が1日早くやって来ていた。そう、15日は敬老の日なのだ。...