SCENERY

仙橋抱翠(せんきょうほうすい)
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

仙橋抱翠(せんきょうほうすい)

0
今日で7月も終わり。カルチャーさんへのカリキュラム提出も無事終わり、ほっと一息。別の仕事の企画のため「たまには気分転換と心をリセットしたいな」と思い、今日は古川美術館と為三郎記念館に出かけてきました。...
号泣
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

号泣

4
講座カリキュラムの提出まであと二日。仕方がないと言えば仕方がないのだが、単発の講座にシリーズの講座、その他秋の企画ものまでも、締め切りが大体いつも重なってくる。シリーズ講座だと半年分、つまりタイトル6個を考えなければならない。この時期、いろいろな言葉についても敏感になってしまうのは切羽詰まっている証拠だろうか。そんな中、お客さまの読んでいる本に目が止まった。タイトルは『号泣する準備はできていた:江...
アナベル・リー
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

アナベル・リー

0
上海ブランドの一つに『アナベル・リー』というのがある。シルクやリネン製品のラインナップが充実しており、日本ではあまりお目にかかれない、鮮やかな色彩とデザインが印象的なブランドだ。ロ・ヴーでも少し取り扱いがあり、私も個人的にシルクのポーチやリネンのブックカバーなどを愛用していた。(過去形なのは、かなり使い込んでボロボロになってしまったため)先日、他の探し物をしていた時、偶然にもこの『アナベル・リー』...
夏祭り
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

夏祭り

0
朝の栄、茹だるような暑さの中、足下からふと視線を上げるとどこかで見たことのある涼しげな笑顔。「あっ、小川先生」。最近、行動パターンの時間的流れが一緒なのか、教室でお会いする前に、ご一緒できることが多い。大勢の門下生をかかえるお家元、本来であれば、門下生でもない私などは、畳の末席にも座らせてもらえないような偉い先生である。たとえ偶然でも、同じ空気の中にいられるようになったということは畳1枚分くらい「...
台湾こぼれ話
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

台湾こぼれ話

0
台湾研修から戻り、気が付けばはや2週間。個人的にちょっと気が付いたことなどをまとめてみました。1)初めて台湾を訪問した人が結構何人かいました。  なのに誰も「ベタな観光」に行かない。どうして…。  後で聞いたら異口同音に「安い台北ツアーに参加したら、ベタな  観光とお土産やさんは必ず連れて行かれるので、いつもでいける  から」だそうで。(笑)  なかなか読みが深い。2)台北での出来事。  ホテルの...
黒糖ドーナツ棒
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

黒糖ドーナツ棒

0
人は、出会ったその瞬間から別れへの一歩を踏み出している。出会いと別れの繰り返しを積み重ねながら私たちは生きている。時々、ふとそう思う瞬間がある。今日、また一つ悲しい別れがあった。...
ビフォー・アフター
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ビフォー・アフター

0
前にも言ったと思うが、テレビとかラジオとかそうゆう類のものはあまり得意ではない。どちらかというと、できれば避けたい方なのだ。小学生の頃は、引っ込み思案の大人しい女の子だった。一応、私だって。私がそう言うと、大人になってからの友人達は必ず「誰がだ?」と全く取り合ってくれない。ヤレヤレ。(っていうのはどっちのセリフだろう?)さて、今日は生電話でラジオ初登場。テレビは、生出演ということはまずないので、適...
台北へ
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

台北へ

0
呉先生の工房で予定外の長居をしてしまい、大急ぎで台北へ。茶業改良場でも時間が押してしまっていたのに、またまた、である。でもまあ、これで私の『台湾で遊びほうけている』という嫌疑が無事に晴れ(?)ちゃんとお勉強もしてきたのだと証明できたのでは(笑)。台北へと向かう高速道路の途中、サービスエリアで小休憩。なぜか数人が、売店で何かを探している様子だった。...