SCENERY

春分も過ぎると
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

春分も過ぎると

4
最近ちょっと面白いな、と思ったことがあった。男性の場合、自分の奥さまの事を話す時、「妻が」、「嫁が」、「家内が」と呼び方がいろいろあるのに対して、女性が自分の旦那さまの事を話す時は「主人が」というのがほとんど。漢字から受けるイメージで言えば、『主人=主たる人』で、家で言えばやっぱり一番偉い人ということになるのでしょうね。で、『嫁=女が家を出るので、働く妻?』、『家内=家の中に居る妻、つまり専業主婦...