SCENERY

お引っ越し
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

お引っ越し

4
土曜日からお引っ越し作業をしています。と言っても、別に自宅やお店の引っ越しではありません。年代物のメインPCを、いよいよ新しい機械にすることにしました。どれくらい年代物か?と言うと、OSがWin98で9年前、会社を設立した時に購入した物なのです。途中1回、ハードをバージョンアップさせたのですが、よくぞ今まで現役で働いてくれているという感じです。ソフトがバージョンアップする度に、どんどん重くなってきて、さ...
森川如春庵の世界
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

森川如春庵の世界

1
名古屋市博物館開館30周年記念特別展「茶人のまなざし 森川春庵の世界」に行ってきた。森川勘一郎(如春庵)は明治20年生まれの尾張一宮の大地主、森川家の当主であった(昭和55年没)。彼は、16歳にして本阿弥光悦作の茶碗「時雨」にあこがれ、それを所持したという。如春庵は、三井物産の初代社長で日本経済新聞の創立に活躍した益田孝(鈍翁)に非常にかわいがられており、鈍翁が如春庵に送ったという品々も数多く展示されてい...
タブの実
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

タブの実

6
「この実は何の実ですか?」「食べれますか?」 あまりにも質問が多いので、ちょっとだけ「タブの実(花やさんで買ったときこの珍しい枝ものは『タブ』だと教えてもらいました)」の観察をしてみました。 写真は、枝からはずした実とカットした断面。   さすがにお花屋さんが「イチジクの親戚」と言っていただけあって、カット面を見ると実の中身はモソモソとした小さな種でいっぱいでした。 匂いはちょっと青臭い感じで、草っぽ...
ヘッダーの写真は
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ヘッダーの写真は

0
ヘッダー部分の写真ですが、どこか解りますか?人目見て「ピ~ン」と来た人は、かなりの上海通です。実はこれ、上海の「新天地」の景色なのです。まるでヨーロッパにあるどこかの街並みみたいだと勘違いしてしまいそうですよね。実際に「どうしてヨーロッパなの?」と聞かれましたから。最初にブログのページ設定をするとき、ベースの色とピッタリだったので、「もうこの写真しかない!」と悪銭苦闘してようやくここまでたどり着き...
春分も過ぎると
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

春分も過ぎると

4
最近ちょっと面白いな、と思ったことがあった。男性の場合、自分の奥さまの事を話す時、「妻が」、「嫁が」、「家内が」と呼び方がいろいろあるのに対して、女性が自分の旦那さまの事を話す時は「主人が」というのがほとんど。漢字から受けるイメージで言えば、『主人=主たる人』で、家で言えばやっぱり一番偉い人ということになるのでしょうね。で、『嫁=女が家を出るので、働く妻?』、『家内=家の中に居る妻、つまり専業主婦...
衝動買いの101曲
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

衝動買いの101曲

0
中学の音楽鑑賞の授業で、粋なことをした女性教諭がいた。「ここに、曲が同じで、指揮者が異なるレコードが3枚あります。最初の部分を全員に聞いてもらって、みんなが一番好きだと思う指揮者の曲をフルコーラスで聴いてもらおうと思います。」その曲は、ベートーヴェンの交響曲第5番ハ短調作品67、俗に言う「運命」だ。3人の指揮者のうち、残念ながら一人の名前は忘れてしまった。残りの二人は、カール・ベーム、そしてもう一人...
この頃
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

この頃

0
「3月4日(火)~9日(日)に開催が予定されていた第9回WAFA(World Association of Flower Arrangers)世界大会は、国内情勢の悪化に伴いWAFAパキスタン運営委員会により中止が決定されました。」もとより、ツアーに参加する気持ちがないので気にとめたこともなかったが、会報誌によって大会の中止を知った。この頃、世界が落ち着かない。「Democracy is the best revenge.」と言っていた美貌のブット氏が、昨年末、銃弾に倒れた...
ついうっかり
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ついうっかり

0
「後悔先に立たず」とは良くいいますが、引き受けてしまった後で「しまった!」と思うこともしばしば。もともと3月と言うのはお彼岸があるので、日泰寺周辺はとかく賑やかになりがち。春分の日が、店の定休日とずれていれば問題はないのだけれど、たまたま木曜日だった場合(今年がそうなのですが)、確認するまでもなく『20日は営業!』とボスの一声。ハイ、聞いた私が浅はかでした。21日は振り替え休業日だというのに、お仕事ア...