SCENERY

ちょっと、北京 (1)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ちょっと、北京 (1)

-
ジイヤ先生が倒れてから、何となく自粛モードになっていたあれやこれや。最近では、本当に大病を患っていたのかと思うくらいお元気になられ…。そろそろ色んなこと、解禁されても良いんじゃない?そう思っていた矢先、世の中では、上野動物園の『香香』の話題が盛り上がっており、テレビなどで見かける度に「あ、生パンダ見たことない!」という気持ちになるのでした。そう言えば随分前、お客様に「本物のパンダを見たことがない」...
西安へ行こう!(6)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

西安へ行こう!(6)

6
しつこいようですが、忘れた頃に引き続き(笑)西安旅行記です。とりあえず(というかこれが本来の訪中目的)お茶のシンポジウムにも参加したし、兵馬俑も見学した。残る最後の目的は、もちろん法門寺訪問。(洒落じゃないよ:笑)一般にはお釈迦様の指の骨が発見されたということで知られる法門寺ですがお茶関係者の間では、陸羽の茶経に残される、唐代の茶道具類が発掘された場所として有名なお寺でもあります。中国の大きさを感...
西安へ行こう!(5)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

西安へ行こう!(5)

4
とにかく秦の始皇帝(BC221~BC210)はすごい。時代を遡って考えてみるとこの時代の中国(秦)とは、どれほど進んだ国だったのだろうと思ってしまう。その昔は本物の人間を埋めていたという話も聞いたことがあるから、一体一体すべての顔かたちが違うというのも納得。そしてもっとすごいと考えさせられるのは、紀元前210年と言えば今から2200年以上も前のに作られたものが今なおこうして発掘されているということ。さすがに真ん中...
西安へ行こう!(4)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

西安へ行こう!(4)

2
お茶会やなんやとしているうちに、すっかり放置状態になっていましたが「西安紀行楽しみにしてます!」というメールも頂いたりして、間があいてしまいましたが、再びの西安紀行です。(*^-^*)さて、西安に来た一番の目的は「研討会出席」。それはちゃんと自覚していますよ。でもね、唐代の輝かしい歴史を刻んだ古都を見学(観光ではなーい!)もせずに、どうやって日本に帰れと言うの?というごく一般的な?理由で3日目の研討...
西安へ行こう!(3)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

西安へ行こう!(3)

2
西安2日目の朝、当然の事ながら、山ちゃんがホテルのロビーでお出迎え。今回の訪中の主たる目的は、観光や食事ではなく「研討会出席」という真面目な理由からでした。(^^山ちゃんに付き添われ、ホテル内の研討会の会場へと移動。会議ホールはこんな感じ。コンサートもできそうな立派な造り。午前中は開幕式。テレビカメラも数台入っていてちょっと驚く。かなり真面目なシンポジウムだったのね。それぞれ席に着くと、同時通訳の...
西安へ行こう!(2)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

西安へ行こう!(2)

2
さて、西安旅日記の続きです。細かいゴチャゴチャはあったものの、とりあえず『国際茶文化研討会』のエントリーが無事終了。この日は朝が早かったし(04:30起き!)、機内食ばかりで胃袋も少々寂しい思いをしていたので、夕食が楽しみ!と思っていたら、政府の人が「夕食は私たちがホテルで用意していますので、外へは出かけないで下さい!」って。(^^; ハハハ。ガイドさん、政府の人たちと私たちの間でとても困ってるし。三...
西安へ行こう!(1)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

西安へ行こう!(1)

2
「強運ですね」と言われると「うーん、それは褒められているのだろうか?」と何となく悩んでしまう今日この頃。確かにここ数週間の日中関係の悪化によって、文化交流や友好訪問など軒並みに延期及び中止になっていることを思うと、ギリギリセーフ。本当は、こんなことを喜んでいる場合ではなくて、仲良くするのが一番良いのよ。マジで。さて、以前から機会があれば訪れてみたいと思っていた場所。中国の茶文化が大きく発展した時代...
西安に行ってきます
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

西安に行ってきます

2
明日から(というかすでに今日だけれども)西安に行ってきます。唐の時代の古都、古の面影を尋ねることができればよいのですが一応、『国際茶文化研討会』に参加ということなので…。仕事50%、勉強50%、遊び50%…?。あれ、足したら150%になっちゃった。(笑)そんなわけで、とんぼ返りの日程ではありますが150%楽しんできます♪現地レポートは帰国後に。メールのお返事ができていない方、ゴメンナサイ。お返事も帰...