SCENERY

4月からのいろいろ
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

4月からのいろいろ

-
4月から総額表示になるということで、ロ・ヴーのような小さなお店は、もうテンヤワンヤです。文化や流行のように、徐々に広がっていくような種類のものとは異なり強いて言えば、学生だった人が、明日から社会人になる、という感じの待ったなしのルールです。事前にメールマガジン等で告知をしたかったのですが、その余力も無く…。ロ・ヴーの取り扱い商品は、税率8%のもの(茶葉)と税率10%のもの(茶道具など)が混在しているため、軽...
重陽の節句
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

重陽の節句

-
9月9日は重陽の節句。古来から中国では、奇数の日は「陽の日」とされており、陽の極みの数である「9」が重なる9月9日を「重陽(ちょうよう)」と呼んでいます。旧暦では菊の花の季節でもあることから、『菊の節句』などとも呼ばれるようです。菊の花に薬効があることは多くの方の知るところですが、菊の薬効で邪気を払い長寿を願って、菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべたお酒を飲んだりします。写真のお...
いつの間にか
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

いつの間にか

-
3月から休講となっていたNHK文化センター名古屋教室の講座が、今月からようやく再開しました。NHK文化センター岐阜教室や朝日カルチャー名古屋教室は先行して再開したのですがどこのカルチャーセンターさんも再開に向けての葛藤があったようです。いずれの教室でも、感染防止のための細心の注意を払いマスクに除菌用ウェットティッシュ、手指の消毒用シュッシュ。仕事でシュッシュ、デパートでもシュッシュ、どこでもシュッシュ。...
覚王山日泰寺
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

覚王山日泰寺

-
ロ・ヴーから歩いてすぐのところにある、覚王山日泰寺。先日、ちょっとした用事があって出向いたところ、新型コロナウィルスに関する『世界終息祈願法要』として百箇日法要と書かれた看板が立ってました。新型コロナウィルスのために尊い命を亡くされた方々のために、5月5日から8月12日までの100日間、毎朝9時から日泰寺がお経を唱えてくださるもの。以前の日泰寺さんは、敷居が高くてちょっと近寄りがたい存在でしたが、訪れたこ...
梅雨のはじまり
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

梅雨のはじまり

-
今年もあっという間に時間が流れ…。気がつけば1年の半分、6月もすでに半ばまで来てしまいました。気象庁は梅雨入り宣言をしたけど、私にとって、梅雨の訪れを教えてくれるのは、熱田祭りの花火。毎年、梅雨入り前後の6月5日に執り行われます。熱田祭りは、熱田神宮の『例祭』で、尚武祭りとも呼ばれています。熱田神宮のサイトによると 天皇陛下のおつかい(勅使)が参向される当神宮の祭典中 最も重要かつ荘厳なお祭りなのだそ...
1年の始まり
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

1年の始まり

0
昨年の12/31、つまり大晦日の朝から10年ぶりにインフルエンザを発症し今年のお正月はめでたく布団の中で、静かに過ごすことになりました。3日もすれば良くなるだろうと甘く考えていたのだけど、楽観しすぎ。よほど疲れていたのか、脱水症状が長々と続き、おかげで熱も下がらず。気がつけば、お正月休みも終わっていたという、衝撃の事実。お正月というのに、お酒も飲まず、おせち料理もほとんど口にせず。生ものも食べず。自分が覚...
新年快楽
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

新年快楽

0
<辻占:中におみくじが入っていて今年一年を占います>旧暦のお正月。春節の到来です。アジアの諸国は大連休です。日本では旧正月と言いますが、以前は日本でも旧暦を使っていたので旧正月を祝っていました。その後、太陽暦を使うこことなり、現在の元旦に正月を祝うようになりました。旧暦を使っているアジアの人々にとって、とても大切な祝日。春節という文字通り、春の訪れを祝うお祝いのイベントが各地で開催されます。まだ、...
感謝の気持ち
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

感謝の気持ち

-
「居なくなって改めて、今まで以上に感謝の気持ちになった」殿様のような父がしみじみ発した言葉。老齢のため、膝の手術のため入院した母が年末に帰ってきました。母が入院すると決まってから、電子レンジの使い方を覚えたりお風呂掃除をしたりコンビニでおにぎりを買ったり端から見ても、それなりにかいがいしく動いていた父。「子供じゃないから自分で何でもできる」と本人は言っていても周りは、ハラハラドキドキ。(笑)朝、仕...