Never go out of

SCENERY

Style

月のうさぎ -番外編-
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

月のうさぎ -番外編-

-
<Photo by Kenkichi. A>平成最後の観月茶会、満月の夜。茶会のトリを中国茶にしていただき、庭園さんに感謝です。お茶会が始まると、自分では撮れない庭園の夜の風景。清羽亭への路の両側には、竹でできた灯り。優しく足元を照らしてくれます。<Photo by Arisa. B>清羽亭の入り口に着くと『観月茶会』の文字。<Photo by Arisa. B>大好きな映画『サブリナ』の中で、父親が娘のサブリナに言うセリフ。  Don't reach for the m...
月のうさぎ(2)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

月のうさぎ(2)

-
今回の茶会の写真をあきらめていたところ、そう、いつものように救世主が現れました。庭園のイベントで時々お見かけする、庭園カメラマンのAさん。ここで会ったが100年目、ではないですが、今回のお茶会の写真のご提供とブログでの使用許可をいただきました。ありがとうございました!外で執り行われる、夜のお茶会は、とっても幻想的。<Photo by Kenkichi.A>お供えは、サンザシ、栗、月餅とアケビ。サンザシの枝の先に見えるの...
月のうさぎ(1)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

月のうさぎ(1)

2
2018年9月25日。平成最後の中秋の満月の夜。なぜか去年に引き続き、お昼間は小雨模様の微妙な空模様。今年のウサギさんはお餅つき。昨年のウザギは地上から月を眺めていたので、着実に進化しています。(笑今年の茶会は、白鳥庭園の所長さんと打ち合わせをして、ギリギリまで待って外でやるか茶室内でやるか、判断しましょう、ということになり…。とりあえず室内で準備を進めて、午後、雨が上がり、舞台の養生ができそうなら外に道...
観月茶会 ~月のうさぎ~
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

観月茶会 ~月のうさぎ~

-
福井の花はす公園で見つけた『月の兔』。白くてふんわりした感じがうさぎみたいだから?今年もまた、月のうさぎの季節がやってこようとしています。満月の夜、本来は休園日の白鳥庭園。庭園の所長さんが、中秋の満月の夜にお茶会を、とおっしゃられ名古屋市と交渉して、開園の許可を取り付けてくださいました。今年の観月茶会のトリは、臨時開園をしての中国茶会です。夜の白鳥庭園は、私の大好きな幽玄な世界。1年の中で唯一、夕...
メガネ、ハス、岡倉天心
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

メガネ、ハス、岡倉天心

-
最近、細かい文字を見るのがちょっとツラい。そんなこともあって、何となく読書も滞りがち。これからは、無理をせず自然体で生きていこう、と心に決め7月のとある日に、眼鏡の聖地、鯖江の眼鏡ミュージアムへ。福井在住の友人に現地ガイドをお願いし、眼鏡だけでなく福井を楽しもう!と『花はす公園』と『越前古窯博物館』も一緒に訪ねてきました。南越前町は、『花はす生産日本一を誇る』のだそうで今度はもう少し早い時期、早朝...
ちょっと、北京 (5)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ちょっと、北京 (5)

-
中国に来る度に、ぜひ一度参加してみたいと思っているラジオ体操ならぬ太極拳。体幹が鍛えられそうなんですよね~。明、清代の皇帝が五穀豊穣を願って祭祀を行った『天壇』ももちろん世界遺産。皇帝は、「天命」を受けた「天子」であるため、天を祭ることのできるのは皇帝だけとされました。ここ祈念堂は、皇帝が毎年新年に天に祈りを捧げた場所。中には玉座もあります。今回の旅の締めくくり。景山公園から見下ろす故宮は、言葉で...
ちょっと、北京 (4)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ちょっと、北京 (4)

-
北京の旅、先を急ぎます。今回の旅で楽しみにしていたものの一つ。北京動物園の入り口で、頭に被る傘を打っているオジサン。勇気がなくて買えなかったけど、帽子よりも風通しもよくて雨にも日射しにも万能なこの傘が一番良いんじゃない?と思って見ていました。幾らだったんだろう…。念のため、楽しみにしていたのはオジサンではなくて、パンダです。パンダ!何年も前の話「生パンダを見たことがない」と言ったら、お客様に随分と...
ちょっと、北京 (3)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ちょっと、北京 (3)

-
後左門のところには、黄色い衣装の小さな皇帝たち。私も皇帝の気分を味わって見たかった。(笑この辺りでようやく紫禁城の中間地点。広大な紫禁城は、歩いても歩いても、ずっと紫禁城が続きます。ここからは外東路と呼ばれるエリアで、中国で有名な三つのうちの一つ『九龍壁』が最初に現れます。瑠璃装飾の壁で9匹の龍が描かれていますが、9という数字は中国では最大の陽数であり、天子の尊さを表します。当然のことながら、正面か...